かなりあれですが

ある意味いろいろなオタ日記
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
うちの犬は
余命一ヶ月だってさ。

悪性リンパ腫。

だってさ。


そうか。

そうか。

| | 17:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
リンパ腫かもしれない
Image007.jpg

右側、顎下。
左もぽってりこりこりしてる。


わが家の愛犬は、リンパ腫かもしれない。


現在病院に検査回してる。



先々週、4/8に一度病院に行った。
検査に回すと言われて、針を刺された訳だが。
とりあえず抗生剤もらって、待つことに。

昨日、4/19に抗生剤も無くなったし問い合わせをしたら、まだ検査がでてませんとのこと。
しょうがないのでとりあえず抗生剤を取りに行って、家路についた。
そしたら、また病院から電話がかかってきて「検査にだした筈が、郵便事故でついてなかったんです」だってさー。

ほう…

しょうがないから、またじゅんなを連れて行って、昨日改めて腫瘍に針をさされちゃいました。
じゅんなはどうなるんだろうか。
リンパ腫なら、抗がん剤治療だと言われた。
元からフレンチブルドックにしては、細身の身体だったんだけどさ。。
よく、病気にかかっててさ。。
4才で、抗がん剤治療か…なんだか、いたたまれないワンコだな。


画像は、顎下が見えるようにとったつもりだけど、ただのたるみにしか見えないかもww

じゅんなたん(^ω^)…(;ω;)


| | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
犬の病日記2
本日朝一で病院へ。ブーンとして先生を待っている。
やっぱりぶるぶるしてる。
車に乗っていると、やっぱりつらそうにうろうろ。
朝もう○ちをするためにしゃがもうとしてたけど、うまく座れなかった様子です。
車に乗っても座りたいけど座れない。

うろうろうろ。。。
病院で待機してると、なんかいい子にしてる。ありえない。
……順番待ちをしていて、いつもの担当の先生にあたる。と。

あぁ、背骨ですね。お薬注射すればよくなりますよ。

とあっさり言われる。

…ちくしょー!!夜に当たったいつもと違う先生くそだなー!!同じ病院でなんでこんなに対応が違うんだ!!

で。注射して痛み止めのお薬もらって。様子を見ることに。

…超元気になりました。夜になったら元気ですよ。
心配したのがうそみたいに、すごーく元気です。
だっこしてもぜんぜんだし。わんわんほえて元気です。

…あーあ。煮え切らない。
でも、とりあえず元気になってよかった。
また来週辺り様子見せにいきまーす。
| | 22:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
犬の病日記
なんとなく、いやな予感がするので、ブログで覚書を書こうと思う。

4/8
お出迎え時:わんわんわん、と元気にほえて、興奮してしっぽぶりぶり
してやったこと:耳掃除。ご飯ももりもり
夜、就寝の後にそわそわ落ち着きがなくなり、身の置き所がない様子。

4/9
お出迎え時:座ったまま、見上げてくるのみ。しっぽは振ってる
いつもは元気に玄関までお出迎え、扉もがりがりするのにそれがない。
してやったこと:だっこすると苦しそうにノド奥を鳴らす。おかしい。
やはり身の置き所がない。座ったまま目を閉じる。どうにもならない。

病院に連れて行く。
待合室で座ったまま、ずっとノド奥が詰まったような苦しそうな呼吸をする。
以下の症状を伝える。

・吠えない
・抱っこする、抱き上げると、その後呼吸が荒い
・座ったまま歩こうとしない。座ったまま移動しようとする
・下痢、吐き気、食欲不審はあまりない(ただし、座ったまま動かないので餌をあげても餌ばちに顔を傾けるようなことをしない)

血液検査とレントゲンをとる。
可能性として、
・過去に肝臓の数値が上がっていた時期があったので、肝臓疾患の疑い
・座ったまま動こうとしないので、ヘルニアなどの脊椎系の病気の疑い
・脱臼や骨折など

を視野に入れて検査。

血液検査は10種類。
結果は下記。(単位は割愛)

白血球(WBC)−9500
赤血球(RBC)−693万
ヘマトクリット−49.0
ヘモグロビン−17.3
血小板−34.1
尿素窒素−9.4
クレアチニン−0.6
AST(GOT)−24
ALT(GPT)−136
ALP−103
血糖値−117
総淡白−6.4
アルブミン−3.7
アンモニア−22
カルシウム(補正値)−11.5

…全て正常値、との事。若干ALTが高いが正常の範囲内です、との事。
レントゲンでも、脊椎に異常はなく、椎間板が突出している部分もないとの事。
しいて言うなら、この子は股関節が浅いですね〜との事。
何も異常なし。
さて、医者の言葉が信じられなくなりました。

…で?

何もせずに、様子を見るということで帰宅。
ちなみに、足の反応も問題なし、心臓の音も肺の音も問題なし。
動物病院では、けろっとしてすたすた歩く、先生にしっぽは振るわで、もうなんと言いますか…私も悲しくなるぐらい、発作もない。
連れ帰る車の中で、また痙攣。抱っこがやはり苦しいらしく、離れてしまった。

家に帰っても、座ったまま目を閉じるじゅんな。
…あー…あー…困った。
一晩様子を見ることにする。

4/10
朝は元気ですた。
というか、ちゃんと横にでろーんとなって寝てました。
昨日は横になれなかったので、よかったーと安心して会社に。

…帰ってきたら、やはりお出迎えはない。
わんともきゅんとも言わない。

普段あまり鳴かない。
でも、家の前に車が通ったり、ピンポンがなるとワンワン鳴く。
鳴かない。

…調子がよさそうなので、お外行こうか?と抱っこをしたところ、またぶるぶる痙攣を始める。やば、あわてて抱っこをやめる。
床におろしてよたよた苦しそうな呼吸をしながら、やはりどうすれば自分楽になるんだ?と模索しているようにうろうろうろうろ…よたよた。
苦しそうに声が出ない、…なんとういうか、空気の抜けたような咳、空気の抜けたような鳴き声…きゅふー・かふ、というような擬音…で、もう何がなんだか。


明日また、病院に連れて行きます。
| | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
FRIEND
 MTの隣の黄色い部屋
管理人:awたま
サッカーとMILK好きのお友達です。超かわです。えさをくれたりします。だいすきwww
MIXI
 mixiやってマス
マイミク申請は軽くやり取りされた方に許可しております(´∀`)
(*閲覧にはmixiへの登録が必要です)
モバイル
qrcode
PROFILE
PR